日本のヘアケア市場が好景気なのはなぜなのか

日本での薄毛対策に関する市場、ヘアケア市場は4000億円以上の市場規模であるという調査結果があります。たとえば2012年の市場調査結果で日本の音楽市場は世界一となったのですが、この市場と同規模といわれています、

薄毛人口の増加による発毛剤の売り上げ増という要因や、アンチエイジング指向高まりなどによって、育毛対策のヘアケア市場は盛況が続いていくものと予想されています。テレビCMでも発毛・育毛関連のCMが流れているのを見ることが多く、実感されている方もいるのではないでしょうか。

ただ、発毛剤や育毛の方法が様々ある中で市場の盛況が続くのでしょうか。発毛剤や育毛方法に本当に効果があり治療が成功しているのであれば薄毛に悩む人は減っていくはずです。そうなっていないのは何故なのか。それはとても簡単な理由です。発毛や育毛に効果がない商品が多数存在しているからなのです。テレビCMをはじめとした広告で多数アピールされている商品は全てがそうだとは言えませんが、医学的根拠があるものがほとんどありません。頭のよごれを落とす、頭皮をきれいにする。これは髪の毛にマイナスの効果はもちろんありません。しかし、これだけでお手軽に薄毛、AGAが治るかといえばそれはありえません。もしそれで治るのであれば専門のクリニックや治療薬は必要なく、ただきれいに頭を洗い、マッサージなどをしていれば治るはずです。このほかに、民間療法においても医学的根拠がなく、誤った方法があることも医療が進化してきている現代では分かってきています。効果がない、というだけではなく逆に抜け毛が進行してしまうという民間療法も存在していますので十分注意して情報収集し間違いのないようにしてください。

一番間違いが無い、確実な手法としてはやはりAGA専門のクリニックを受診し治療を受けることです。医学的根拠に基づいて診察、治療を行ってくれるので間違いがありませんし、不安であれば医師と相談することもできますので安心感が違います。中には初回カウンセリングを無料で受けてくれるクリニックもありますので気になる方はチェックしてください。

AGA治療のおすすめはココ:http://AGAの治療費はココで解る.xyz/